静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

緑茶購入量・支出が微増 茶飲料は増加 16年家計調査

(2017/2/18 08:15)
緑茶の購入量と支出金額、茶飲料の支出金額の推移
緑茶の購入量と支出金額、茶飲料の支出金額の推移

 総務省が17日公表した2016年の家計調査(確定値)によると、全国の2人以上の世帯の緑茶購入量は15年比0・7%増の849グラムと2年ぶりに増加した。支出金額も2・0%増の4168円と3年ぶりに増加し、数量、金額とも微増になった。
 16年は数量、金額とも月ごとに前年同月比数%程度の増減を繰り返したものの、通年では微増で着地した。暖かい日が多かった10月に減少幅が大きかったが、気温が低下した11月は一転して増加幅が大きくなった。
 商品の平均購入価格は1・3%高い490円で13年並みまで回復した。
 静岡市の製茶問屋社長は「専門店向けの販売は厳しいが、スーパーや量販店向けは単価は安いが数量がまとまっていて、堅調だった」と話した。同市内の別の製茶問屋幹部は「普及価格帯も売れている一方で、100グラム千円以上の高級品も売り上げが戻ってきている」と売れ筋単価の二極化を指摘した。
 一方、茶飲料の支出金額は緩やかな増加傾向が続いている。16年は15年比7・9%増の6632円になり、現在の統計区分になった2000年以降で最高になった。
 コーヒーの支出金額も前年比2・0%増の6396円と00年以降で最高だった。00年以降減少していたが、04年ごろを境に回復基調に転じた。購入量は緩やかな増加傾向が続き、16年は15年比1・9%増の2457グラムと、00年以降最高を更新した。

静岡茶の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト