静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

70周年を記念し「金色ハーモニカ」 浜松の昭和楽器製造

(2017/11/11 08:14)
創業70年を記念した金色のハーモニカ=9日、浜松市中区の昭和楽器製造
創業70年を記念した金色のハーモニカ=9日、浜松市中区の昭和楽器製造

 創業70年を迎えたハーモニカメーカーの昭和楽器製造(浜松市中区)は15日、70周年の節目を記念した金色の限定ハーモニカを発売する。樹脂製の本体に金メッキを施し、70周年を記念するロゴを刻印した。複音21穴で長調4種類、短調1種類の計5種類を売り出す。重厚な音を出すため、台板を0・9ミリと厚めに設計したという。
 創業は戦後間もない1947年。酢山義則社長の父陸平氏が、戦時中に軍需工場でともに勤務した職人3人と中区砂山町に工場を設立した。酢山社長によると、学校教材になった時代は市内だけで14社がハーモニカを製造したが、鍵盤ハーモニカの登場により現在は全国で数社に減ったという。酢山社長は「今後も楽器のまち・浜松でハーモニカを作り続けたい」と語る。
 記念ハーモニカは限定300本。税抜き価格は9800円。問い合わせは同社<電053(471)4341>へ。

新商品・新技術の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト