静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

自転車用アルミスタンド開発 静岡のメーカー、ブランド第1弾

(2017/10/7 07:58)
軽量で持ち運びにも便利なアルミ製サイクルスタンド=静岡市駿河区の理研軽金属工業
軽量で持ち運びにも便利なアルミ製サイクルスタンド=静岡市駿河区の理研軽金属工業

 アルミ総合メーカーの理研軽金属工業は、サイクルスポーツ商材を中心にしたアルミ製品ブランド「RICCAL(リッカル)」を立ち上げた。第1弾として10月から、アルミの軽量性と高い耐候性を生かした自転車用組み立て式スタンドを投入し、順次実店舗やネットで販売する。2020年東京五輪・パラリンピック自転車競技の伊豆市開催を追い風に、サイクリストの増加や消費者の関心の高まりを商機に結び付ける。
 クロスバイクやロードバイクなどのサドルを架けて使う。高さ108センチ、幅115~170センチの間で3段階調節でき、耐重量は100キロと5台まで設置が可能。折り畳むと収納や持ち運びにも便利という。
 同社の自転車愛好チームのメンバーが、立ち寄り先での置き場確保に困った経験から1年前に発案。プロジェクトを組み、モデル的に県内のサイクルイベントやレース会場に設置して参加者や選手に感想を聞き開発にこぎ着けた。県経営革新計画の承認も受けた。
 レジャー需要から、競技や練習会場などでの本格的な利用まで多様なシーンでの活用を見込む。まずは静岡、浜松両市内の自転車店2社で試験発売し、1月からはネットモール「楽天市場」でも扱う。11月3~5日には千葉・幕張メッセで開くサイクルモード2017に出展する。
 入山豊社長は「少なくとも年間2千台の販売を目指す。BtoC(対消費者取引)事業を進める中、新規商品を次々企画していきたい」と話す。小売価格は税別2万2千円。

新商品・新技術の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト