静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

規格外の桃で地ビール 静岡のアオイブリューイング

(2017/7/27 08:02)
出荷規格外の桃を有効活用して醸造した地ビール「桃セゾン」=26日午後、静岡市葵区のアオイブリューイング
出荷規格外の桃を有効活用して醸造した地ビール「桃セゾン」=26日午後、静岡市葵区のアオイブリューイング

 クラフトビール製造のアオイブリューイング(静岡市葵区、満藤直樹社長)は26日、同市駿河区の長田地区特産の桃を使った地ビール「桃セゾン」を発表した。傷があったり熟しすぎたりして出荷規格に適合しない未利用桃を活用した。同日、系列店や市内の一部スーパーで販売を開始した。
 500リットルの限定醸造。皮ごとカットした桃を麦汁で煮出して醸造し、甘みと酸味が堪能できる味わいに仕上げた。満藤社長は「喉の渇きを潤す夏向きのビール。毎年、心待ちにしてもらえるような季節の定番に育てたい」と意欲を見せた。
 桃セゾンの開発は、静岡商工会議所が2016年10月に開いた農商工連携交流会がきっかけ。未利用桃を提供した生産者の杉山貴勇さん(63)=駿河区広野=は「生産の手間や経費は規格外も一等品も同じ」と有効活用の幅の広がりを喜び、地元特産品の認知度向上に期待を込めた。

新商品・新技術の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト