静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ヤマハ、動画制作市場進出 製造業向け、ユーザー撮影素材を編集

(2017/6/14 07:54)
動画撮影のポイントなどを案内する専用アプリの画面
動画撮影のポイントなどを案内する専用アプリの画面

 ヤマハは13日、製造業向けの動画制作サービス「tollite(トリテ)」を開始した。企業紹介や作業マニュアルなどの動画を、ユーザーがスマートフォンで撮影した素材を編集して作る。手軽さと低価格を売りに、動画制作市場に進出した。
 サービスは専用アプリで提供する。「製品紹介」「技術紹介」「採用案内」などのひな型(テンプレート)を選ぶと、撮影の対象、撮影のポイント、撮影時間の目安―などが示される。このアドバイスに沿って動画を撮影し、データをヤマハ側に送信すると、プロの動画クリエイターが最終仕上げをする。
 ユーザー側が自ら撮影することで、制作会社への委託と比べて費用と時間を抑えられるのが特徴。1本当たりの価格は最大12カット(2~3分)で3万円、最大30カットで7万円―など、「通常の動画制作の10分の1程度」(開発担当者)という。ナレーションやBGMを入れるなどの注文にも別途、応じる。
 ウェブサイトや展示会場などで動画による情報発信が急増していることを踏まえ、新規事業として開発した。当初、製造業で使われるテンプレートを20種類用意し、今秋までに約50種類まで増やす。
 初年度に200~500本の受注を想定。3年後までに年間2万本受注、10億円の売り上げを見込み、外国語への対応も検討する。

新商品・新技術の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト