静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡空港新国内線ターミナル 4月10日供用開始 

(2018/3/10 07:54)
新国内線ターミナルのイメージ
新国内線ターミナルのイメージ

 静岡県と富士山静岡空港株式会社は9日、静岡空港で進めているターミナルビルの増改築工事で、西側の増築部に当たる新国内線ターミナルの供用を4月10日に開始すると発表した。
 ターミナルビルは3階建てで、増築部1階にコンビニのセブン-イレブン、2階に飲料や食品を販売する国内線搭乗待合室の売店や静岡茶などを提供するカフェ「タビチャフェ」、3階にマッサージ店「もみかる」(本店静岡市)などが入る。各店舗は4月中に順次オープンする予定。
 新国内線ターミナルは30分に航空機2機を受け入れ可能な機能を維持する。新たに旅客搭乗橋を1基増設。県産材の梁(はり)が外部のひさしまで伸びるデザインで、外観と内観の一体化を図っている。
 国際線エリアになる既存部の改築を含めたビル全体の完成は10月の見通し。増改築工事後の延べ床面積は現在の1・5倍の1万8200平方メートルに拡大し、飲食、物販スペースも3倍近くに拡大する。国際線の受け入れ可能便数は現在の1時間当たり1便から3便に増やし、航空会社の利便性を高める。

【更新終了】静岡空港の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト