静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

中国人観光客向け「スマホ決済」可能に 静岡空港

(2018/1/6 08:28)
中国で普及しているスマホ決済が可能になった売店=2017年12月、静岡空港
中国で普及しているスマホ決済が可能になった売店=2017年12月、静岡空港

 キャッシュレス化が進む中国からの訪日客に対応するため、静岡空港で今冬、中国で普及しているスマートフォンを使った二つの電子決済サービスが利用できるようになった。テナントは「ストレスなく買い物してもらえれば、売り上げも伸びる」と期待する。
 2017年12月下旬に利用が開始されたのは「ウィーチャットペイ」と「アリペイ」。スマホアプリを使い、専用コードを提示したり読み取ったりして決済する。開港以来、カード決済が可能だったが、近年はスマホ決済を求める中国人客が増加傾向で「導入によって利便性を高め、商品販売の機会損失を少なくしたい」(富士山静岡空港商業コンセッション室)との狙いがある。
 免税店とターミナルビル2階の売店「f―air」で利用可能。売店の岡林高志店長は「需要があることは分かっていた。中国での日常を静岡空港でも実現できるようになる」と意義を説明する。手続きが簡素化し「業務上の効率も上がる」とみる。
 空港ターミナルビルの増築・改修工事終了後には、現在よりもテナント数が増える。同室は中国人客向けのスマホ決済を「各テナントにも導入を推奨していきたい」とする。

【更新終了】静岡空港の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト