静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

訪日客にSIMカード 静岡空港に受け取り機設置

(2017/12/4 17:01)
到着ロビーに設置された無料SIMカードの受け取り機=11月中旬、静岡空港
到着ロビーに設置された無料SIMカードの受け取り機=11月中旬、静岡空港

 静岡空港にこのほど、台湾などからの訪日客を対象に、無料でデータ通信ができるSIMカードの自動受け取り機が設置された。スマートフォンの専用アプリで事前登録すると入手でき、15日間、500メガバイトまで利用が可能。訪日外国人のインターネット接続環境を整備し、静岡空港の利便性を向上させる狙い。アプリで県内の観光情報も発信し、滞在や周遊につなげたい考えだ。
 訪日外国人向けのスマホアプリサービスを展開する「WAmazing」(ワメイジング、東京都)が地方創生に取り組む静岡銀行の仲介で、サービスを開始した。同社による設置は成田国際、中部国際、関西国際の各空港に続き4カ所目で、地方空港では初めて。台湾と香港からの訪日客が対象で、利用者は渡航前に専用アプリをダウンロードし、静岡空港到着後に受け取り機でSIMカードを手に入れる。今後、対象地域は順次拡大するという。
 アプリで宿泊場所を予約したり、県内の観光情報や空港内のテナント情報などを見たりできる。訪日客を通過させず、いかにして県内に滞在してもらうことができるかが課題となる中、関係者は「ピンポイントで情報を伝えることができ、解決する一つのツールになり得る」と期待する。データの容量は有料で追加もできる。
 空港を管理運営する富士山静岡空港(牧之原市)商業コンセッション室の田倉義弘室長は「地方空港も選ばれる時代。(SIMカード配布は)海外へのアピールポイントになる」と強調。増改築工事が来秋完了予定のターミナルビルにも触れ、「従来よりテナントが増える。利用促進につながれば」と話す。
 ワメイジングは「静岡空港は外国人に人気の富士山から近く、需要がある」と見込む。

静岡空港の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト