静岡新聞NEWS

eバイクで里山疾走、観光振興へ体験会 森町ツーリズム研究会

(2019/2/17 09:10)
eバイクを体験する参加者=森町問詰
eバイクを体験する参加者=森町問詰

 静岡県中東遠地域の観光関係者で構成する静岡遠州観光ネットワークと町内の中山間地在住者らによる森町ツーリズム研究会は16日、スポーツタイプの電動アシスト付き自転車「eバイク」のモニタリングツアーを町内で実施した。eバイクの活用や観光振興に役立てる狙い。
 ツアーは「森町山岳トレイルライド」と題し、町北部の全長約37キロのコースで実施。自転車愛好家から初心者まで県内外の6人が参加した。アクティ森を発着点に大日山金剛院などを巡る標高差約700メートルのコースだったが、参加者は電動アシストの力を借りて里山や山岳地帯を駆け抜けた。
 県との協働事業。同ネットワークは町観光協会と掛川観光協会にeバイクを計4台配置し、有料でレンタルして今後の展開を探っている。森町ツーリズム研究会アドバイザーの佐藤雄一さん(56)は「eバイクは標高差が激しくても楽に走れる。中山間地でのツーリズムや自転車初心者の来訪につながる可能性が十分ある」と見据える。
 レンタルに関する問い合わせは掛川観光協会ビジターセンター<電0537(24)8711>かアクティ森<電0538(85)0115>へ。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト