静岡新聞NEWS

杉本製茶(島田)の新工場完成 有機抹茶を製造、輸出へ

(2019/2/10 08:21)
杉本製茶の新工場=9日午前、島田市横岡
杉本製茶の新工場=9日午前、島田市横岡

 茶の海外輸出を手掛ける島田市の杉本製茶(杉本博行社長)の新工場がこのほど、完成した。海外需要の高まりに対応し、輸出向けの有機抹茶を製造する。9日、同所で竣工(しゅんこう)式を開き、関係者が完成を祝った。
 同市横岡の本社隣接地の新工場は、延べ床面積1835平方メートルの鉄骨2階建て。1日700~800キロの抹茶が生産可能で、総工費は約5億5千万円。
 1階にはてん茶の仕上げ加工ラインや抹茶梱包(こんぽう)ライン、冷蔵庫を配置し、2階は会議室や食堂などを備えた。食品安全にも配慮し、外部からのほこり流入を防ぐエアシャワーや異物混入防止のための検査機などを導入した。食品安全の国際規格「FSSC22000」を取得予定という。
 竣工式には県内の茶業関係者らが訪れ、施設内を見学した。
 同社は1998年から茶の海外輸出を開始。現在は米国を中心に15カ国以上への輸出を手掛ける。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト