静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

電動バイク開発出資 ヤマハ発、国内ベンチャーに初

(2019/1/25 07:35)
新車両のベースになるグラフィットの電動バイク「GFR-01」
新車両のベースになるグラフィットの電動バイク「GFR-01」

 ヤマハ発動機は24日、和歌山県のベンチャー企業「glafit(グラフィット)」と電動バイク開発で資本業務提携を結び、1億円を出資したと発表した。
 国内のモビリティ(乗り物)関連ベンチャーと提携するのは初めて。国内を含め先進国のバイク需要が減少する中、ベンチャーの知見や価値観を取り入れて新機軸のバイク開発につなげる。
 グラフィットは2017年設立の電動バイクメーカー。ヤマハ発はグラフィットの小型電動バイク「GFR」シリーズをベースにした新モデル開発を支援する。20年春ごろの市場投入を目指す。
 ヤマハ発は昨年12月に示した2030年までの長期ビジョンで、モビリティの変革を掲げた。同社はこれまで米国など海外でベンチャー企業との協業を進めているが、国内でも有望なベンチャーを発掘していく。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト