静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

観光誘客へ新拠点「ザ・ゲート・ハママツ」オープン

(2019/1/7 07:48)
ビーチ・マリンスポーツコーナーを見学する関係者=浜松市中区
ビーチ・マリンスポーツコーナーを見学する関係者=浜松市中区

 浜松の魅力を幅広くPRする浜松魅力発信館「ザ・ゲート・ハママツ」が6日、浜松市中区旭町の遠州鉄道新浜松駅北側の高架下にオープンした。関係者がテープカットをして、JR大型観光企画やラグビーW杯、東京五輪に向けた新たな観光誘客の拠点の誕生を祝った。
 商工業界や地元関係者が出席した式典で、鈴木康友市長は「新たなゲートパークができた。旬な企画を展開し、都心のにぎわいへ寄与したい」とあいさつし、館内を視察した。
 同館は、「べんがら横丁」跡に、2017年に設置した案内施設「浜松出世の館」を改修。新浜松駅やJR浜松駅に近い南側からの出入りを可能にし、アクセスが向上した。20年10月末まで市が民間に委託して運営する。
 外観の色は夜明け前の浜名湖・遠州灘を表現する「ブルーグレー」にした。ブランド化を目指すビーチ・マリンスポーツのコーナーでは、160インチの巨大モニターに体験映像や浜名湖の絶景を収めたPVを上映。市内で体験できる約40種目を写真や地図で示した。
 グッズ約330種を置く売店や6日に始まった大河ドラマ「いだてん」の主人公で同市出身の田畑政治氏の紹介コーナー、ドラマのPRブースを設けた。
 建物南側には、浜松餃子(ギョーザ)やドリンクが楽しめる餃子カフェ「まるいし」が出店。多彩な車種74台がそろうレンタサイクル「はままつペダル」も設置された。外国語で案内するインバウンド専用デスク「イン・ハママツ」も設けられ、荷物を預かるサービスを始める。休憩、案内と移動手段の一元的な提供による相乗効果が期待される。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト