静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡空港駐車場、一部有料化を検討 繁忙期対策、予約制を視野

(2018/12/30 08:04)
ターミナルビルがリニューアルオープンし混み合う駐車場。繁忙期にはほぼ埋まるという=23日、静岡空港(写真の一部を加工しています)
ターミナルビルがリニューアルオープンし混み合う駐車場。繁忙期にはほぼ埋まるという=23日、静岡空港(写真の一部を加工しています)

 三菱地所・東急電鉄グループが経営参画して新体制となった静岡空港株式会社(牧之原市)が、現在全て無料の同空港駐車場について、静岡県から運営権が譲渡される2019年4月以降に一部を有料の事前予約制にすることを検討していることが、29日までに分かった。時期は調整中で、利用実態の調査を踏まえて決定する。
 静岡空港は09年の開港当初から、2千台分の駐車場が無料で、県は空港の“売り”として積極的にアピールしてきた。同社によると、5月の大型連休や夏休みなどの繁忙期はこの無料駐車場がほぼ埋まり、ぎりぎりの状態が続く。さらに飛行機に乗らない見学者の来訪が他の地方空港に比べ多いため、繁忙期は警備員を配置して搭乗するかどうかを聞き、誘導する駐車場を分けている。
 同社は運営権譲渡から20年間で路線を現在の11から17へ増やし、利用者も倍増の135万人にする目標を掲げる。実現には駐車場事情の改善が不可欠だとして一部有料の予約制を導入するなど何らかの利便性向上策を講じることにした。なくならない車両の不法投棄を減らす狙いもある。
 西村等社長は駐車場の一部有料化について「当然、検討しなくてはならない。無料が最大の売りだと言う人もいるが、繁忙期に駐車場確保に困る搭乗者がいる。長所と短所を調査しながら検討する」と述べた。
 県空港振興局は「(駐車場の在り方は)運営権譲渡後に新体制が考える事項。無料を売りにしてきたが、今後もそれを継続するよう縛るつもりはない」としている。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト