静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

清水港日の出埠頭が着工 大型客船2隻同時入港向け

(2018/10/8 07:26)
着工を手旗信号で祝う清水海洋少年団のメンバーら=7日午前、静岡市清水区の清水港日の出埠頭
着工を手旗信号で祝う清水海洋少年団のメンバーら=7日午前、静岡市清水区の清水港日の出埠頭

 国土交通省中部地方整備局と県、静岡市は7日、静岡市清水区の清水港日の出埠頭(ふとう)の岸壁改良工事の着工式典を同埠頭で開いた。完成すれば大型客船の2隻同時入港が可能になるなど、客船の受け入れ拠点としての対応力の向上が期待される。
 行政関係者や国会議員ら約80人が出席し、着工を祝った。式典では清水海洋少年団のメンバーが手旗信号で「清水港着工おめでとう」と祝福し、来賓らが鍬入れ式を行った。
 難波喬司副知事は「工事によって将来的には年間100隻を超える入港が見込まれる。東日本の国際港湾拠点へ向けて、今日から新たな一歩を踏み出す」と力を込めた。改良工事は、既存の岸壁が2022年からクルーズ拠点形成で県と協定を結ぶクルーズ船運営会社「ゲンティン香港」により優先利用される計画に備えた。新たな岸壁は貨物・客船併用として活用され、15万トン級のクルーズ船の2隻同時入港が可能となる。22年度中の工事完了を見込む。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト