静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「港八十三番地」拡張へ着工 沼津、佐政水産「新しい魅力を」

(2018/10/2 08:18)
「港八十三番地」拡張で新規開業する飲食店などの完成予想図
「港八十三番地」拡張で新規開業する飲食店などの完成予想図

 沼津港で沼津港深海水族館や飲食店などで構成する複合モール「港八十三番地」を運営する佐政水産(沼津市)は1日、同モールの拡張工事に着手した。
 新エリアの敷地面積は約1900平方メートル。深海をテーマにしたアトラクション施設、同港の新鮮な魚介類を活用するイタリア料理店、ベーカリー、カフェを建設する。店舗デザインは「ザ・リッツ・カールトン」など高級ホテルを手掛けるデザインスタジオ・スピン(東京)が担当する。総工費は9億円で2019年夏の開業を目指す。
 港八十三番地は11年12月に開業し、同港のにぎわいづくりに貢献してきた。深海水族館は10月に累計入場者数が250万人に達する予定。佐藤慎一郎専務は「現在の沼津港にはない新しい魅力に満ちたエリアを創出する」と話した。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト