静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

日米欧に大型三輪バイク ヤマハ発、独自技術搭載

(2018/9/14 07:45)
大型三輪バイク「ナイケン」を披露するヤマハ発動機の日高祥博社長=13日午後、東京都内
大型三輪バイク「ナイケン」を披露するヤマハ発動機の日高祥博社長=13日午後、東京都内

 ヤマハ発動機は13日、前輪二つの独自機構「LMW(リーニングマルチホイール)」を搭載した初の大型三輪バイク「NIKEN(ナイケン)」を日米欧で発売すると発表した。845CCのスポーツタイプで、従来のスクーターに続く海外展開車になる。都内で会見した日高祥博社長は電動化の検討も含め、LMW搭載バイクのラインアップを強化する意向を示した。
 LMW機構は前輪二つ、後輪一つの三輪バイクに搭載し、運転者と車が傾斜して旋回することで高い安定感を維持する。ツーリングなど高速で傾きが大きい走行に対応するため、先行発売した125CC、155CCスクーター「トリシティ」と比べて制御性能を高め、同心円状の滑らかな旋回を可能にした。ハンドル部分を2軸構造にして車体の前後部の重量を均一化するなど、安定性向上の工夫を施した。2本の剣をイメージした製品名と同様、シャープな外観に仕上げた。
 日高社長は国内バイク需要拡大のキーワードとして安全性と楽しさを挙げ、「より安全で二輪の爽快感を損なわない乗り心地に仕上げた。今後も『転ばない技術』の開発を進め、経験のあるライダーだけでなく、若い人たちにバイクに乗ってもらいたい」と期待した。
 初年度の全世界販売目標は2500台で、磐田市の本社工場で生産する。希望小売価格は税込み178万2千円。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト