静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ドローン活用し事業創出 静岡、新プロジェクト発足

(2018/8/31 07:25)
ドローンを利活用したビジネス創出を目指すプロジェクトの発足式=30日午後、静岡市清水区
ドローンを利活用したビジネス創出を目指すプロジェクトの発足式=30日午後、静岡市清水区

 静岡商工会議所の外郭団体、新産業開発振興機構(理事長・大石剛同商議所副会頭)は30日、ドローン(無人航空機)を利活用したビジネス創出を目指す新プロジェクトを立ち上げた。静岡市清水区の同商議所清水事務所で開いた発足式で、地域企業2社が構想中の事業プランを披露。出席した約30社は協業の可能性や独自ビジネスの方向性を探った。
 電子部品製造業の大日工業(同区、川瀬昌之社長)は、遠隔操作で水中を航行する小型無人探査機「水中ドローン」のビジネスを発案。水産物の生育調査や養殖場の水中設備の点検、深海生物の調査など想定される用途が幅広く、人命へのリスクやコストを抑えられるなどの利点にも触れ、潜在需要の高さを説いた。
 無人ヘリで駿河湾を横断する物流ビジネスを提案したのは映像制作の暁(藤枝市、立花雄一社長)。清水などから郵便物や宅配品を伊豆地域に届け、伊豆からは海産物などを積載すると説明し、災害時の物資輸送路確保も視野に、平時から事業展開する重要性を強調した。天候に左右されずに飛行できる機体の開発や安全面といった課題にも触れた。
 しずおかドローン利活用推進協議会の堀谷匠会長は、性能が飛躍的に向上しているドローンの最新機種の情報などを提供した。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト