静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ウナギ稚魚価格、過去最高 2018年漁期

(2018/8/9 07:25)
ニホンウナギ稚魚(シラスウナギ)の池入れ数量と取引価格の推移
ニホンウナギ稚魚(シラスウナギ)の池入れ数量と取引価格の推移

 絶滅の恐れがあるニホンウナギの稚魚(シラスウナギ)の2018年漁期(17年11月~18年5月)の平均取引価格が1キロ当たり299万円と、過去最高となったことが8日までの水産庁への取材で分かった。
 価格は前年の2・7倍。これまでの最高は13年の248万円だった。今漁期は記録的な不漁でスタート。3月に入ると漁獲が全国的に上向きはじめ、価格も緩やかに下がったが、一時は最高で400万円を超えたこともあったという。
 同庁は「今漁期は中国・台湾などを含めた東アジア全域で採捕が低調だったため、取引価格が高騰したもよう」としている。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト