静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

丹那牛乳中国に売り込め 函南の酪農王国、輸出へ環境整備着手

(2018/8/7 07:49)
「中国国際食品展示会」で好評を博した試飲コーナー=中国上海市(酪農王国提供)
「中国国際食品展示会」で好評を博した試飲コーナー=中国上海市(酪農王国提供)

 乳製品の生産・販売を行う酪農王国(函南町)が地元ブランド丹那牛乳の中国への輸出に道筋を付けようと環境整備に着手した。5月に上海で開かれた食品見本市に商品を出品したところ、現地バイヤーに好評で、手応えをつかんだという。関係者は2019年度中の実現を視野に入れている。
 参加した見本市は「中国国際食品展示会」。世界各国の500社以上が出展し、中国国内のバイヤーらと商談した。
 酪農王国は日中の経済交流の仲介などに取り組むアジア経済発展協会(東京都)の協力を得て日本企業として初めて参加。丹那牛乳と飲むヨーグルトを試飲コーナーに並べると用意した牛乳100本、飲むヨーグルト60本はあっという間に品切れになり、バイヤーから「すぐに取引を始めたいほどだ」との声が聞かれたという。
 日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、日本の牛乳や乳製品は10年の口蹄疫(こうていえき)などが影響し、以来、中国は輸入を停止している。
 輸出に向けた課題に挙がるのは流通や価格設定、安全衛生など。関係者は、丹那牛乳が戦後間もなく立ち上げたブランドが持つ伝統や、県東部の大半の学校給食で使われている信用性などを売りに、輸出交渉する考え。
 酪農王国には現在、中国政府から酪農の6次産業化に向けた技術指導の依頼があり、年内にも中国検疫局が丹那地区を視察する見込みという。同社はこうした動きもチャンスと捉え、並行して日中両国の物流会社と実証実験を進める構えだ。
 同社の西村悟営業管理部長は「実現すれば酪農業の発展や地域活性化につながる」と期待を込めた。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト