静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

夏休み予約、海外旅行伸びる FDA利用の出雲も人気

(2018/7/10 07:50)
国内、海外旅行の予約を受け付けている旅行会社のカウンター=9日午前、静岡市葵区の静鉄観光サービス
国内、海外旅行の予約を受け付けている旅行会社のカウンター=9日午前、静岡市葵区の静鉄観光サービス

 夏休みの旅や宿泊の予約が本格化している。県内に拠点を置く旅行会社によると、静岡空港の新規就航先への国内ツアーに加え、盆時期の長期休暇を活用した海外旅行も伸びている。景気の緩やかな回復基調や、働き方改革に伴う休暇取得促進の動きなども後押しになっているようだ。
 JTBの静岡エリア(17店舗)で受け付けた7月15日から8月末の海外旅行の予約人数は、前年同期比約15%で推移し好調だ。目的地トップ3は、復調傾向の韓国やシンガポールといったアジア、欧州、ハワイの順。伸び率では、北米や欧州地域が各30%増と高い。全国的な出発ピークは11日だが、本県は盆時期からずらした18日の出発も目立つという。
 静鉄観光サービス(静岡市葵区)は、フジドリームエアラインズ(FDA)の静岡空港の静岡-出雲便を利用した観光付き2泊3日ツアーが人気で、8月末までの商品は残席わずか。夏休み期間に運行する東京ディズニーリゾートの日帰りバスツアーは、35周年の節目にちなんだ需要増を見込み、前年に運行した10便から倍に増やす計画だ。
 県内を目的地にした宿泊予約の状況はどうか。大手宿泊予約サイト「楽天トラベル」によると、本県の15日から8月末までの宿泊予約数は、都道府県別で前年と同じ5位。地域別では、「つま恋リゾート彩の郷」で14~16日に6年ぶりに開催される野外音楽イベント効果などで、掛川・袋井地域は前年同期比50%と急増。浜松・浜名湖地域や富士・富士宮地域もそれぞれ30%増と伸び率が高いという。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト