静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

清水港120年機運高揚へ 7月からプレイベント開催

(2018/6/13 07:49)

 清水港開港120周年記念事業実行委員会(会長・酒井公夫静岡商工会議所会頭)は12日までに、今夏から記念事業のプレイベントを手掛ける計画を固めた。2019年度の事業本番を見据え、市民の海洋への関心を高める狙い。第1弾として地域の小学生以上の学生を対象に、折戸湾での体験型環境学習を東海大海洋学部の協力で実施する。
 「折戸湾環境創造プロジェクト」と題し、同学部の教授陣を講師に7月以降、小・中学生向け学習と高校・大学生向け研究を展開する。いずれも湾内の実海域で魚介類や生息環境に触れながら、環境改善の重要性に理解を深める内容という。受講無料で、小中学生は安全面から保護者同伴での参加を求める。
 清水港は開港以来、産業面での活用が進んで大きな発展を遂げた一方、市民が水と親しむ場が減ったとされている。19年度を港のさらなる発展のスタートと位置付ける実行委は、同プロジェクトなどのプレイベントで市民に親水力を高めるきっかけを提供し、開港120周年の節目を祝う機運の高揚に結び付けたいとしている。
 実行委は国や県、静岡市、地元経済団体の代表で構成し、18年6月設立された。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト