静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

オサダ、民事再生法申請 負債16億、店舗営業継続

(2018/6/9 07:16)

 カジュアルウエア小売りのジーンズショップオサダ(静岡市清水区)は8日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。代理人弁護士によると、負債額は約15億9500万円。全17店舗の営業は通常通り継続するという。
 企業再生など各種コンサルティングを手掛けるKSG(東京都)と同日付でスポンサー契約を締結した。今後はKSGの支援を受けて再建を目指す。
 民間調査会社の帝国データバンク静岡支店によると、オサダは1962年創業。県内を中心に店舗を拡大してきたが、リーマン・ショックの影響で2009年8月期に赤字へ転落した。
 一時的に黒字回復したものの、衣料品の値引き合戦や大型店との競争激化で14年8月期に再び赤字となった。売上高の減少に歯止めがかからず、資金繰りが厳しくなったとみられる。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト