静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

家具の魅力、触れて体感 静岡「メッセ」一般公開

(2018/6/3 07:35)
木製雑貨や家具に触れて楽しむ来場者=2日午後、静岡市駿河区のツインメッセ静岡
木製雑貨や家具に触れて楽しむ来場者=2日午後、静岡市駿河区のツインメッセ静岡

 静岡県内外の家具の見本市「シズオカKAGUメッセ」(県家具工業組合主催)の一般公開が2日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡で始まった。3日まで。
 県内外の家具メーカーやインテリア雑貨などの関連業者計92社がブースを構え、趣向を凝らしたデザインや機能性をPRした。来場者は家具や雑貨に触れ、椅子の座り心地を確かめたり、職人のこだわりを聞いたりした。
 「エコウッド景観協同組合」(静岡市葵区)のブースは、ユーカリの木材片を一部無料提供して人気を集めた。手に取った同市駿河区の主婦(43)は「ぬくもりを感じ、火にも強く使いやすいことが分かった」と話した。
 合同開催している「駿河の家具・インテリア展」(駿河家具生産団体研究会主催)では、木工職人がかんなで木材の表面を削る実演を披露したほか、ステンドグラスのストラップ作り体験なども行われた。3日は午前10時から午後5時まで。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト