静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

全契約社員を無期雇用 静岡伊勢丹、4月から

(2018/3/13 08:09)

 静岡伊勢丹は4月から、有期雇用の全契約社員を無期雇用化する。人手不足が深刻化する中、働きやすい環境の整備を進めて雇用の定着と人材確保を図る。12日までに労使間で合意した。
 改正労働契約法に基づき、勤続5年を超えた労働者は希望すれば無期雇用に切り替えられる無期転換ルールが4月に始まる。同社の制度は、労働者本人の申請にかかわらず一律で無期雇用化する仕組み。国の基準を上回る待遇で、接客スキルや経験を持つ人材の流出を防ぐ狙いがある。対象は全有期契約社員226人(3月1日時点)。
 1週間の休みを年4回、取得できるようにするなど連休制度も拡充する。三越伊勢丹グループ労働組合静岡伊勢丹支部の漆畑哲也執行委員長は「より安心して働ける職場になる」と歓迎。賃金水準を引き上げるベースアップも3年ぶりに要求しているという。
 同社は2016年4月に営業終了時刻を従来より30分早い午後7時に変更したほか、社員の8割を占める女性の出産・子育てに関する休職制度を拡充するなどして職場環境の改善に努めてきた。雨宮潔社長は「労働条件が整っていなければ店頭で笑顔の接客はできない。日本一働きやすい会社を目指す」としている。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト