静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

清水港に国認定証 農水産物輸出拠点、電源増設補助

(2018/2/9 08:34)
認定書を受け取った難波喬司副知事(中央)=8日午前、国土交通省
認定書を受け取った難波喬司副知事(中央)=8日午前、国土交通省

 国土交通省は8日、農水産物の輸出拠点として支援する港湾に清水港を認定した。同日同省で授与式が開かれ、牧野京夫副大臣(参院静岡選挙区)のあいさつの後、難波喬司副知事に認定書が手渡された。
 港湾管理者の県が策定した清水港の農水産物輸出促進計画を、同省が審査して認定を決めた。苫小牧港など北海道6港の一括認定に続き2例目となった。
 17年度補正予算の成立により、清水港新興津地区コンテナターミナルの電源供給設備増設費用約8700万円のうち3分の1を国が補助する。電源供給設備の増設で、農水産物の品質を保ちつつ、より多くのコンテナを取り扱えるようになることから、県は輸出増加を期待している。
 授与式で牧野副大臣は、静岡県だけでなく山梨県や長野県の農水物も清水港から海外に輸出できる効果を指摘。「わが国を代表する輸出拠点になることを期待したい。全力で応援する」と述べた。
 式の後、難波副知事は「物流と商流の両方が可能になり、地域の自立性が高まる。県として輸出拡大に向け、大々的にやっていきたい」と話した。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト