静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

リニア、遠州は関心薄く 住民の4割超「影響ない」

(2017/11/19 07:57)
Q.リニア中央新幹線の関連は、あなたの地域にどのような影響を及ぼすと思いますか
Q.リニア中央新幹線の関連は、あなたの地域にどのような影響を及ぼすと思いますか
三遠南信地域
三遠南信地域

 浜松、磐田、掛川、遠州の静岡県内4信用金庫を含む三遠南信地域の9信金が18日までに実施した地元住民対象のアンケートで、リニア中央新幹線開業による地元への影響について遠州地域と愛知県東三河地域の回答者の4割が「ない」と答えた。沿線になる長野県南信州地域との差は大きく、調査担当者は東京-名古屋間の大動脈から外れかねない「開業後」への関心の低さを指摘する。
 開業が地域にどんな影響を及ぼすか尋ねたところ、遠州と東三河はいずれも40・7%が「影響はない」と答え最も多かった。南信州は59・8%が「どちらかと言えば良い影響があると思う」と回答。開業後に東海道新幹線(東京-名古屋間)の運行状況が「現状と比較してどのようになると思うか」との問いには、地元駅の停車本数にも影響がないとみる回答が多かった。浜松停車のひかりは「変わらない」が全体の44・9%で、遠州の回答者では51・7%を占めた。こだまについても全体の48・0%が「変わらない」と答えた。
 アンケートは8~9月、9信金が顧客ら700人を対象に行い、592人が回答。リニア中央新幹線は2027年に東京・品川-名古屋間の開業を予定し、南信州の長野県飯田市には駅が設置されることから調査項目を設けた。
 JR東海は開業後について「静岡県内の東海道新幹線の駅にひかり、こだまの停車が増えることはあり得る」(静岡支社)としているが、具体的には示していない。
 調査を取りまとめた県西部地域しんきん経済研究所の間淵公彦主席研究員は「名古屋や飯田ではリニアの利活用が話題になっているが、遠州と東三河はまだ漠然と受け止めている」と分析。「大動脈から外れる危機感を持ち、東海道新幹線の活用策などを地域で真剣に考える必要がある」と話す。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト