静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

有機野菜を対面販売 浜松、土日祝に商業施設で「マルシェ」

(2017/10/4 08:29)

 菊川市の農業コンサルタント業「エムスクエア・ラボ」は7日から毎週土、日曜日と祝日、浜松市東区の商業施設「浜松プラザフレスポ」で、地元産の有機野菜やオーガニック食品を生産者が対面販売する「みやたけマルシェ」を開催する。9月に同施設を運営する大和リース(大阪市)と業務提携した。
 食の安全や健康への意識の高まり、消費に対する価値観の変化などに伴って企画した。同施設1階の一部(約500平方メートル)に35ブースを設け、同市を中心とした地元産の米や野菜、果実、手作り加工品に加え、クラフト作家による手作り工芸品など販売する。
 生産者が対面販売することで、通常の地場野菜の販売コーナーとは異なり、「消費者が生産者のこだわりなどを直接聞くことができる利点がある」(エムスクエア・ラボ)という。今後、食に関するワークショップなども開催する予定。
 年間116回の開催を予定し、1回2千人以上、月2万人の動員を見据える。さらに、隣接する米国系会員制大型スーパー「コストコ」との相乗効果で地域外の顧客獲得、来場者数の増加を期待する。担当者は「地域の新たなライフスタイルを確立し、地域コミュニティーのランドマーク的な役割も果たしたい」としている。

静岡経済の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト