静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ヤマハ「次世代ピアノ」投入進む 電子とハイブリッド発売へ

(2017/10/4 08:19)
最新技術を融合したハイブリッドピアノ「NU1X」=3日午前、浜松市中区
最新技術を融合したハイブリッドピアノ「NU1X」=3日午前、浜松市中区
タブレット端末と組み合わせて演奏を楽しめる「CSPシリーズ」=3日午後、同
タブレット端末と組み合わせて演奏を楽しめる「CSPシリーズ」=3日午後、同

 ヤマハが最新技術を駆使した「次世代のピアノ」の投入を進めている。タブレット端末などと連動させる電子ピアノの新シリーズと、アコースティックとデジタルの技術を融合させたハイブリッドピアノの新モデルを24日にそれぞれ発売し、演奏者の幅広いニーズへの対応を目指す。
 電子ピアノは、主力の「クラビノーバ」に「CSPシリーズ」の2機種6モデルを追加する。専用アプリをダウンロードしたタブレット端末やスマートフォンと接続して演奏を楽しめるのが特長だ。
 同アプリには端末に保存された楽曲のピアノ伴奏用譜面を即座に作成できる世界初の機能がある。ピアノ本体のスピーカーから楽曲を再生し、同時に端末画面で譜面を見られる。鍵盤上部のランプで弾く位置をガイドする新機能も搭載した。価格は税抜き32万8千~22万円。初年度は国内で計2千台の販売を予定する。
 ハイブリッドピアノは、5年ぶりの新モデル「NU1X」を「アバングランド」のシリーズから発売する。内部に弦はないが、アップライトピアノと同様のアクション機構や木製鍵盤を備え、アコースティックピアノの弾き心地を再現した。
 音源として同社のコンサートグランドピアノ「CFX」などから収録した音を搭載する。弦の振動が他の弦などに伝わって生まれる共鳴音を再現する音響技術を採用し、グランドピアノの演奏感に近づけた。通常のアップライトピアノよりコンパクトなのも売りだ。
 市場予想価格は40万円前後で、初年度に国内で3千台の販売を見込む。

静岡経済の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト