静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

企業内定、1日正式解禁 中小採用難深刻 秋以降も選考継続多数

(2017/10/1 07:55)
中小企業と県内大学との情報交換会。約80社の採用担当者が各大学に情報発信を依頼した=28日、静岡市駿河区
中小企業と県内大学との情報交換会。約80社の採用担当者が各大学に情報発信を依頼した=28日、静岡市駿河区

 2018年春入社の新卒学生への採用内定が10月1日、正式に解禁される。学生優位の売り手市場で、採用計画人数を充足できずに秋以降も選考活動を継続する企業は増加傾向。複数社から内々定を獲得した学生と、内々定を得られない学生の二極化も進む。雇用のミスマッチを地域課題と受け止め、行政や経済団体はマッチング支援を強化している。
 中小企業の深刻な採用難を受け、県中小企業団体中央会が28日に開いた県内大学と企業の就職情報交換会。県中部の薬品卸売業の採用担当者は「まだ一人も内定を出せていない。知名度の低い会社には厳しすぎる」と話し、熱心に大学のブースを回って学生への情報発信を依頼した。
 経団連による採用活動日程の指針では、会社説明会の解禁が3月1日、面接など選考開始が6月1日。2年連続で説明会から選考まで3カ月の短期決戦になり、就職・採用活動の前倒し傾向が加速した。

静岡経済の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト