静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

人材採用支援へ協同組合 中小企業向け、静岡県内初設立

(2017/9/13 07:40)
新設される「採用育成サポート協同組合」のロゴマーク
新設される「採用育成サポート協同組合」のロゴマーク

 中小企業が深刻な人材不足に直面する中、浜松市内の経営コンサルタントや社会保険労務士らが10月、「採用育成サポート協同組合」を設立する。採用活動をはじめ、入社後の研修、採用者側の教育といった業務を共同受注し、企業への継続的な支援を目指す。県中小企業団体中央会によると、採用活動を含めたサポートに当たる協同組合は県内で初めて。
 組合は経営コンサルタント業、情報処理・提供サービス業、税理士事務所、社会保険労務士事務所の4事業者で構成する。それぞれ大学生や高校生などの採用活動、採用後の定着に向けた研修、人材育成に利用できる助成金の申請といった支援業務を手掛けている。各事業者の専門的なノウハウを生かし、協同組合としてワンストップで支援する態勢をつくる。組合理事長に就いたコンサルタント会社「はあもにい」(同市南区)の大野晴己社長(55)は「中小企業は採用活動に経費や人手をかけられない。地域の中で人材確保を支援したい」と話す。
 組合は既に浜松市の認可を受け、ロゴマークも定めた。10月初めに法人登記して事業を始める。設立を支援した県中小企業団体中央会西部事務所の担当者は「人材難の中、時宜にかなった取り組みで、雇用創出にもつながる」と期待する。

静岡経済の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト