静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

スズキ「ジムニー」全面改良 20年ぶり、10月公開

(2017/8/26 06:48)
スズキが販売しているジムニーの現行モデル
スズキが販売しているジムニーの現行モデル

 スズキは軽四輪駆動車「ジムニー」を約20年ぶりにフルモデルチェンジする。4代目となる新型車は10月の東京モーターショーで公開し、2018年2月ごろに発売する方向で調整を進めている。
 ジムニーは1970年4月に発売。軽量でコンパクトな車体ながら本格的なオフロード性能を備え、山岳地・積雪地の業務用からレジャー用まで幅広い用途の車として国内外で高く評価されている。
 これまで「小さく、軽く、使いやすく」のコンセプトを守りながら進化を重ね、現行モデルは98年に全面改良して発売した。その後、細かい改良は行っているが、数年程度でのモデルチェンジが主流の自動車業界の中では、極めて珍しい存在となっている。新型車は車体が現行モデルよりも角張ったデザインになるもようだ。
 1000㏄前後の本格的な四駆は世界でも珍しく、98年に誕生した登録車(軽自動車を除く小型車)の「ジムニーシエラ」を加えたシリーズの累計販売台数は国内が80万台以上、海外が180万台以上に上る。根強い人気があり、利用者の任意団体「日本ジムニークラブ」も全国的な広がりを見せている。
 同社の2016年度軽自動車販売は前年比3・1%減の約53万2千台と2年連続で前年を下回った。同社は主力の軽自動車販売増の起爆剤として新型ジムニーに期待を寄せる。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト