静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

知財活用、静岡県事業化4件 特許庁「プロデューサー」派遣成果

(2017/7/27 08:00)
辻口博啓氏(右)に商品を紹介する2事業者と増山達也プロデューサー(左)=7月上旬、金沢市
辻口博啓氏(右)に商品を紹介する2事業者と増山達也プロデューサー(左)=7月上旬、金沢市

 地域企業が生かし切れていない知的財産、技術を活用した新事業創出と地域活性化を狙いに、特許庁が2016年秋から本県に派遣している「事業プロデューサー」が成果を積み上げている。26日までに公表した事業化事例は4件。特許庁によると、全国3カ所のモデル地域の中で本県だけが成功事例を生み出しているという。
 派遣されたのは、県内外の金融機関や流通、生保業界などで勤務経験がある増山達也プロデューサー(50)。事業委託先の有限責任監査法人トーマツを通じ、企業の課題を解決に導く目利き力を備えた専門人材として選ばれた。派遣先機関の県産業振興財団(静岡市)を拠点に、ニーズと技術シーズのマッチングから製品開発、資金調達、販路開拓まで幅広く支援する。
 財団やトーマツ、連携する地域金融機関が有する幅広い情報ネットワークを駆使し、1日に3~5社程度面会を続け、ビジネスの芽を見つけ出す。当日に橋渡しするなどスピード感も重視。自動車部品製造サンケミカル(富士市)の反射フィルムを曲面の自転車チェーンカバーなどに加飾成形する技術が、浜松市のレンタサイクル事業に採用された第1号事例を皮切りに、3企業の販路開拓や知財戦略などを支援した。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト