静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

農業「カイゼン」3社が新事業 分析やコンサル展開

(2017/1/27 08:17)

 農業の流通システムなどを手掛けるエムスクエア・ラボ(菊川市)は26日、農業ベンチャーのテラスマイル(宮崎県)、老舗肥料メーカー豊田肥料(袋井市)と業務提携を結び、新事業「カイゼンラボ」を立ち上げると発表した。次世代の農業シンクタンクとして経営・作業・設備の各分野で農業者や産地の改善活動につながるサービスを提供し、農業力の強化を支援する。
 提携に伴い豊田肥料がエムスクエアに、エムスクエアがテラスマイルにそれぞれ出資する。新事業の研究所をエムスクエア、分室をテラスマイルに置く。
 経営改善の支援では、テラスマイルが培ってきたICT(情報通信技術)による農業現場の「見える化」の技術を軸に、分析サービス「テラカイゼン」を売り出す。担い手育成や地方創生に取り組む自治体、農協部会の利用を見込む。
 作業面では農業ロボットに関するエムスクエアの調査研究の経験を生かし、コンサルティングなどを展開。設備面では豊田肥料のノウハウを中心に、農地が持つポテンシャルを最大限に活用する施肥設計や土壌改良設計、栽培管理マニュアルの開発に当たる。
 エムスクエアの担当者は「3社の強みを組み合わせ、持続可能な農業の実現を目指していく」と話している。

静岡経済の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト