静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

近鉄百、地域名産品プロデュース 奈良で開発第1弾

(2018/11/21 15:39)
近鉄百貨店が奈良県山添村と開発したほうじ茶を使ったどら焼き
近鉄百貨店が奈良県山添村と開発したほうじ茶を使ったどら焼き
近鉄百貨店と奈良市のレストランが開発したシカやイノシシの「ジビエソーセージ」
近鉄百貨店と奈良市のレストランが開発したシカやイノシシの「ジビエソーセージ」

 近鉄百貨店は21日、地域の新たな名産品をプロデュースする「地域商社事業」の第1弾として、奈良県内の自治体や生産者らと開発した菓子やソーセージなどを発売した。まず奈良店(奈良市)で販売し、販路拡大を目指す。今後は三重、和歌山両県でも取り組む。
 茶の栽培が盛んな奈良県山添村と取り組んだのは、抹茶やほうじ茶を使ったまんじゅう(販売価格は162円)とどら焼き(195円)。協力した役場の担当者は「山添のほうじ茶はおいしいと言われてきたが、それを使ったお菓子は少なかった。名産品に育ってほしい」と期待を込めた。

全国経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト