静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

防災重点ため池、再選定へ 基準明確にし漏れ防止、農水省

(2018/11/13 12:56)
西日本豪雨でため池が決壊した土砂崩れ現場=7月、広島県福山市
西日本豪雨でため池が決壊した土砂崩れ現場=7月、広島県福山市

 農林水産省は13日、西日本豪雨で決壊が相次いだため池について、今後の対応策を発表した。優先的に対策を進める「防災重点ため池」の基準を見直し、決壊した場合に人的な被害が出る恐れのあるため池を漏れなく認定できるよう明確にした。今後、各都道府県に再選定をしてもらい、被害の未然防止を強化する。農水省の担当者は新たな基準で最終的に計5万カ所程度が防災重点になる可能性があると指摘した。
 防災重点ため池は防災対策で国の補助が受けやすくなる。現在は全国で約1万1千カ所あるが、吉川貴盛農相は閣議後の記者会見で「再選定で相当数、増えるのではないか」との見解を示した。

全国経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト