静岡新聞NEWS

明日海りおさん11月退団 静岡市出身、凱旋公演で存在感

(2019/3/13 07:59)
静岡県内凱旋公演に臨む明日海りおさん(右)。11月の退団が発表された=2016年9月、静岡市葵区の市民文化会館
静岡県内凱旋公演に臨む明日海りおさん(右)。11月の退団が発表された=2016年9月、静岡市葵区の市民文化会館

 宝塚歌劇団は12日、花組トップスターの明日海りおさん(静岡市出身)が11月24日に退団すると発表した。同日が千秋楽の東京宝塚劇場公演「A Fairy Tale 青い薔薇(ばら)の精」「シャルム!」が最後の舞台となる。
 明日海さんは2003年に初舞台を踏み、14年にトップスターに就任した。現在在籍するトップスター5人の中で最も長くトップを務め、「エリザベート」や「ポーの一族」「CASANOVA」などで主演。高い歌唱力と演技力で不動の人気を集めた。

 ■凱旋公演で存在感
 明日海りおさんは2014年5月の花組トップスター就任以来、静岡県内でも公演を重ねるなど大きな存在感を示してきた。
 16年9月には入団以来初の県内凱旋(がいせん)となる「仮面のロマネスク」に主演。静岡と浜松の計6回公演は満席となり県外からも熱烈なファンが駆け付けた。特に子どもの頃にバレエの発表会で使ったという静岡市民文化会館では「なじみのある舞台にタカラジェンヌとして立つことができて幸せ」と原点への思いもにじませた。
 17年3月にも両都市で同作を披露、トップ娘役になった仙名彩世さんのお披露目公演を華々しくリードした。
 15年9月には静岡市の観光親善大使に就任。ミスユニバース07の森理世さん、落語家の春風亭昇太さんと共に同市のシティプロモーションに協力し、故郷の認知度とイメージの向上に多大な役割を果たしている。

 ■静岡市長コメント「人々に夢と感動」
 明日海さんが観光親善大使を務めている静岡市の田辺信宏市長は「長年に渡り、花組トップスターとして活躍し、多くの人々に夢と感動を与えてくれた。次の新しいステージでも、より大きく、より美しく、世界に輝く花として活躍されることを期待する」とコメントした。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト