静岡新聞NEWS

県内最大の総合芸術祭 静岡・駿河区で開会式

(2019/2/18 07:29)
授賞式でオープニング演奏をした県芸術祭賞の「YMC和田」=17日午後、静岡市駿河区のグランシップ
授賞式でオープニング演奏をした県芸術祭賞の「YMC和田」=17日午後、静岡市駿河区のグランシップ

 静岡県内最大の総合芸術祭「ふじのくに芸術祭(第58回県芸術祭)2018」(県など主催、静岡新聞社・静岡放送後援)は17日、静岡市駿河区のグランシップで授賞式を行い、県芸術祭賞の14個人・団体などに賞状が贈られた。同時に19年度の総合開会式を開いた。
 美術、文学、音楽・舞台芸術、生活文化の全4部門。1年間、県内各地で展覧会やコンクールなどを開き、本年度は過去最多1万2941人が参加した。
 授賞式は県芸術祭賞の「YMC和田」=焼津市、音楽・舞台芸術=による記念合唱で開幕。同賞受賞者を代表し、村越なみ子さん(64)=浜松市中区、美術=は「大変光栄。絵を描く時、悩み、考えることも多いが、楽しんでもいる。受賞を励みに続けたい」とあいさつ。原田正己さん(66)=東伊豆町、文学=、劇団からっかぜ=浜松市、音楽・舞台芸術=の布施佑一郎代表(72)も登壇した。
 開会式は、県文化協会の鈴木寿美子会長が開会宣言を行った。
 文学部門の一つ、高校生短歌・俳句・川柳コンクールの受賞者は次の通り。
 最優秀賞 吉野歌織(浜松市立高3年)加藤茉帆(浜名高2年)鈴木彩椰(浜松湖東高3年)

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト