静岡新聞NEWS

荒行僧、冷水で身を清め 島田・正覚寺

(2019/2/13 08:14)
勢いよく冷水をかぶる荒行僧=島田市本通の正覚寺
勢いよく冷水をかぶる荒行僧=島田市本通の正覚寺

 100日間の修行を終えた荒行僧が冷水をかぶって身を清める水行式が11日、島田市本通の正覚寺(石上良秀住職)で行われた。多くの市民らが、寒さの中で繰り広げられる水行を見守った。
 式に臨んだ荒行僧7人は、昨年11月1日からことし2月10日までの修行を終えたばかり。千葉県の大本山中山法華経寺で、1日7回の水行を続けてきた。
 7人は本堂前に設けられた水行場を囲むと、読経しながら手おけに冷水をくんで何度も頭から勢いよくかぶった。集まった参拝客は驚いた表情を見せたり、水行の様子を写真に収めたりした。
 水行式は、家内安全や商売繁盛を祈願する大黒祭と星祭りに合わせた同寺の恒例行事。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト