静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

五穀豊穣、矢に祈願 森町・小国神社で御弓始祭

(2019/1/18 08:51)
矢を放つ地射手=森町の小国神社
矢を放つ地射手=森町の小国神社

 五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を祈願する神事「御弓始祭(おゆみはじめさい)」が17日、森町の小国神社で執り行われた。射手が矢を放ち、大勢の参拝者が行方を見守った。
 拝殿での神事には県内の弓道関係者約50人が参列し、弓矢に福を授けられた。射場に場所を移し、かつての武士の姿である烏帽子(えぼし)と直垂(ひたたれ)を身にまとった射手役の4人が「地射手(ぢいて)」を務めた。流派の一つ「日置(へき)流」の作法で約30メートル先の的へ2本ずつ矢を放った。
 地射手の一人で弓道愛好家の男性会社員(56)=同町=は「毎年務めているが、この日はいつも特別な気持ちを矢に込める」と振り返った。
 同神社によると、御弓始祭は神社の延宝年間(17世紀後半)の記録にも残っている。神事で放たれた矢は魔よけや夜泣きを封じる効果があるとされ、この日も参拝者は的に当たって地に落ちた矢へ一目散に駆け寄った。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト