静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

明善翁の遺徳しのび法要 行政関係者ら60人参列 浜松

(2019/1/15 07:53)
明善翁の遺徳をしのんだ法要=14日午前、浜松市東区の妙恩寺
明善翁の遺徳をしのんだ法要=14日午前、浜松市東区の妙恩寺

 「暴れ天竜」と呼ばれた天竜川の治山治水に尽力した金原明善翁(1832~1923年)の法要「明善祭」が命日の14日、明善翁が眠る浜松市東区の妙恩寺で営まれた。行政関係者や地元住民ら約60人が参列し、遺徳をしのんだ。
 明善翁の功績をたたえる明善会が主催。会長を務める鈴木康友市長は「今後も明善翁の偉業を語り継ぎ、感謝の念を持って冥福を祈りたい」とあいさつした。明善翁のやしゃごの金原利幸さん(69)ら親族も出席した。法要後、参列者は境内の墓前で手を合わせた。
 明善翁は、江戸時代末期から明治時代にかけて、たびたび水害をもたらしていた天竜川の治水や治山に私財を投じて取り組み、流域の近代産業の礎を築いた。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト