静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

迫る炎、若衆食い止め 民俗芸能「川名ひよんどり」 浜松

(2019/1/5 08:47)
体を張って炎を食い止める若衆=浜松市北区引佐町の福満寺薬師堂
体を張って炎を食い止める若衆=浜松市北区引佐町の福満寺薬師堂

 浜松市北区引佐町川名地区に伝わる国指定重要無形民俗文化財の川名ひよんどりが4日、同地区の福満寺薬師堂で営まれた。たいまつの炎と向かい合う儀式や伝統の舞が繰り広げられ、来場者は地域の繁栄を祈った。
 ことし593回目。若衆6人が同寺近くの川で水ごりを行い身を清めた後、しめ縄を腰に巻き、薬師堂を守るように入り口に並び禰宜(ねぎ)の持つたいまつに向かい合った。禰宜は若衆の目の前で8の字を書くようにたいまつを振り回し、若衆は体を張って迫る炎を食い止めた。若衆を押しのけ、たいまつが堂内に投げ入れられると、見物客から歓声が上がった。
 薬師堂では地元の子どもや保存会員が舞を次々に披露した。地域住民に加え、浜松学院大(中区)の学生6人も若衆や舞い手として参加した。
 

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト