静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

絵本の世界、ゆっくり 専門店グリム、沼津に移転

(2018/12/8 07:55)
絵本選びをアドバイスする飯塚さん(中央奥)と長女の恵理子さん(右から2人目)=沼津市大岡の絵本専門店「グリム」
絵本選びをアドバイスする飯塚さん(中央奥)と長女の恵理子さん(右から2人目)=沼津市大岡の絵本専門店「グリム」

 千葉県や移住先の伊豆の国市で30年以上にわたり絵本専門店「グリム」を営んできた飯塚須磨子さん(75)がこのほど、沼津市大岡に転居し、新店舗をオープンさせた。運営を手伝う長女と「絵本や読み物の世界を通じ、ほっとする空間を提供したい」と話している。
 飯塚さんは会社員の傍ら詩や小説の執筆活動を続け、1981年に千葉県船橋市の自宅で初代「グリム」を開店。移住先の同県館山市や伊豆の国市でも店を続け、地域の母親らの人気を集めた。2016年に夫が亡くなり、長女の工藤恵理子さんが住む沼津市に転居した。
 2階建て住宅の1階部分をリフォームした店内には、ロングセラーから新刊まで絵本や児童書3500冊を置く。別室には椅子やテーブルを置き、ゆったりと読書を楽しむスペースも設けた。
 「絵本や子育てを語り合い、母親同士がつながる場にしたい」と飯塚さん。絵本に囲まれて育ち、3人の母親になった恵理子さんも「育児に追われる日々の中、絵本を手に取ると自分も救われる」と話す。
 営業時間は午前10時~午後5時。火、水曜定休。飯塚さんの詩集「くさはらだより」の絵を手掛けた作家こいでやすこさんの原画展を開催中。問い合わせはグリム<電055(960)6661>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト