静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

新表現、挑んだ55点 秋野不矩美術館、特別展後期展始まる

(2018/12/6 07:35)
インドの壮大な自然風景を描いた作品を眺める来場者=5日午後、浜松市天竜区二俣町の市秋野不矩美術館
インドの壮大な自然風景を描いた作品を眺める来場者=5日午後、浜松市天竜区二俣町の市秋野不矩美術館

 浜松市天竜区二俣町の市秋野不矩美術館で5日、開館20周年と生誕110年の記念特別展「秋野不矩あふれる生命の輝き」(同館、静岡新聞社・静岡放送主催)の後期展が始まった。新たな表現へ飽くなき挑戦を続けた秋野の作品55点が並ぶ。来年1月14日まで。
 同区出身の日本画家秋野が54歳で初めてインドの地を踏み、壮大な自然や信心深い人々に感銘を受けて以降、描くようになったインドの風物画などを展示した。92歳で初めてアフリカを旅して描いた「砂漠のガイド」もある。
 初日から秋野の作品を見るため、多くの来場者が訪れた。三重県名張市から訪れた図書館司書女性(48)は「年齢に関係なく挑戦し、命を懸けて絵を描き続けた秋野さんに勇気をもらった。感動して涙が出てきた」と話した。
 月曜休館。観覧料は一般800円、高校生500円、小中学生300円。問い合わせは同館<電053(922)0315>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト