静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

聖一国師の遺徳しのぶ、顕彰会が特別法要 福岡・承天寺

(2018/11/3 07:52)
「交流を続けたい」と語った酒井公夫会長(左)=2日午前、福岡市の承天寺
「交流を続けたい」と語った酒井公夫会長(左)=2日午前、福岡市の承天寺

 静岡茶祖・聖一国師の功績をたたえる「聖一国師顕彰会」(会長・酒井公夫静岡商工会議所会頭)は2日、聖一国師が開山した福岡市の承天寺で特別法要を営んだ。聖一国師とゆかりの深い静岡、福岡、京都の3市の政財界の関係者約60人が参列し、聖一国師の遺徳をしのんだ。
 酒井会長は「今年は聖一国師が帰国して777年。それぞれの地域で茶や製粉技術、織物など多くの産業に寄与した。つないでくれた縁を大切に、これからも交流を続けていきたい」と語った。
 法要に続いて、顕彰会は「聖一国師がもたらしたもの」と題したフォーラムを福岡市内で開催し、記念講演と、博多織物や夏祭り「博多祇園山笠」など地元の関係者が聖一国師の功績や関わりを紹介するリレートークを行った。
 フォーラムに参加した聖一国師の生家(静岡市葵区栃沢)を守る米沢緑さん(65)は「聖一国師がつないだ交流を深めることで、国師のさまざまな教えを生かしていけたら」と語った。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト