静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

滞在型創作、芸術家楽しむ 掛川・原泉地区でイベント

(2018/10/12 08:15)
原泉地区に滞在し創作に打ち込む若手芸術家たち=掛川市大和田
原泉地区に滞在し創作に打ち込む若手芸術家たち=掛川市大和田

 掛川市の山間部、原泉地区の自然に魅せられた国内外の芸術家が13日から28日まで同地区で芸術祭「原泉アートデイズ」を初めて開催する。地域に長期滞在して創作するアーティスト・イン・レジデンスと呼ばれる試みで、9月以降、芸術家たちが住民と交流しながら活動している。
 関東から原泉に移住したデザイナー羽鳥祐子さん(34)が、日本の原風景といえる農村地域で新しい芸術の可能性を探ろうと、仲間に呼び掛けた。画家、映像作家、彫刻家ら13人が参加表明し、拠点の旧JA原泉支所に順次集まって一緒に創作に励んでいる。
 米国の画家ケイト・クレブスさんは日本の自然に興味を抱き参加した。小動物と共生し古い寺社を尊ぶ原泉の暮らしを「神秘的」と感じ、「この環境でどんな作品ができるか自分でも楽しみ」と想像力を膨らませている。
 彫刻家野々上聡人さんと画家水戸部春菜さんは千葉県から、画家北見美佳さんは沼津市から訪れた。3人とも「滞在型の創作活動を体験してみたかった」と応募し、それぞれ原泉の風景や人々を取り入れた作品に挑戦中。
 期間中、芸術家と触れ合いながら作品鑑賞を楽しめる。専用サイトや同支所で詳しい日程を紹介している。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト