静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

新聞の切り絵で絵本 藤枝の作家、手袋の冒険を素朴に表現

(2018/9/13 08:08)
絵本「ぼく ここにいるよ」を出版したマスダカルシさん。新聞のカラー写真などを使った切り絵で創作した=静岡市駿河区の静岡新聞社制作センター
絵本「ぼく ここにいるよ」を出版したマスダカルシさん。新聞のカラー写真などを使った切り絵で創作した=静岡市駿河区の静岡新聞社制作センター

 静岡新聞「週刊YOMOっと静岡」で月1回、アートコーナーを担当している新聞切り絵作家マスダカルシさん(藤枝市)が、絵本「ぼく ここにいるよ」を静岡新聞社から出版した。
 主人公は、ウサギの女の子が落としてしまった手袋のきょうだい。風に飛ばされ、空から海、森へと運ばれ、不思議な冒険を繰り広げる。
 絵は、新聞のカラー写真や広告のカラフルな部分を切り取り、貼り合わせて仕上げた。新聞紙の素朴な風合いが持ち味で、動物や妖精を表情豊かに、海の中、木々までも細やかに表現している。マスダさんは「手袋は旅を通して形を変えながら、不思議な生き物と出会っていく。子どもたちも手袋と一緒に冒険を楽しんでほしい」と話す。
 「ぼく ここにいるよ」(静岡新聞社)は1296円。県内の書店、新聞販売店で販売している。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト