静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡県ゆかりの2書家作品展 14日まで静岡

(2018/9/6 07:42)
手島右卿の作品「貞松」を鑑賞する柿下木冠さん=5日午後、静岡市葵区の静岡市民文化会館
手島右卿の作品「貞松」を鑑賞する柿下木冠さん=5日午後、静岡市葵区の静岡市民文化会館

 現代書の新たな表現を開いた静岡ゆかりの書家・上田桑鳩(1899~1968年)と手島右卿(1901~87年)の作品を集めた「静岡の桑鳩と右卿」展が5日、静岡市民文化会館で始まった。14日まで。
 文字を離れ、書の線で象形を追究する「前衛書」を主導した上田、漢字の意味を重視する「少字数書」を開拓した手島。戦中~戦後にかけ、焼津市出身の書家・沖六鵬が2人を招いた研究会を静岡で開き、新たな文字表現を発展させた。
 手島の代表作「冠」や静岡市葵区の蓮永寺の山号として書かれた「貞松」、スケールの大きな人間性が表現された上田の「如是観」など計53点が並び、2人の正反対の作風を比べて楽しめる。
 SBS学苑講師の書家柿下木冠さん(78)は「切磋琢磨(せっさたくま)して書の発展をリードした2人の作品を見てほしい」と話した。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト