静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

歌やダンス最終確認 26日、浜松で市民参加型ミュージカル

(2018/8/23 08:03)
本番に向け、歌やダンスの最終確認を行う出演者=浜松市中区の浜松聖星高
本番に向け、歌やダンスの最終確認を行う出演者=浜松市中区の浜松聖星高

 市民参加型ミュージカル「おとぎの国の夏の夜の夢」が26日、浜松市中区のえんてつホールで開かれる。旧浜松海の星高(現浜松聖星高)演劇コースの卒業生や静岡県内外の演劇愛好者らでつくる劇団「星の遊演地」の初公演。シナリオ制作、演出を手掛ける同校卒業生の杉山恵さん(37)は「初心者も多いけれど、お芝居が楽しいという気持ちが見る人の心を動かすと思う」と来場を呼び掛けている。
 出演者は3月に市内で行われたオーディションを通過した学生や主婦、社会人ら小学生から50代までの35人。シェークスピアの喜劇「夏の夜の夢」を劇作家、演出家の杉山さんがアレンジしたストーリーで、妖精の魔法によってかき乱される若者の恋模様を描いた。
 市民参加型ミュージカルは「演劇を浜松に広め、浜松を盛り上げたい」という杉山さんらの思いから動きだした。
 21日に同区の浜松聖星高で行われた練習では出演者が歌やダンスを最終確認し、通し稽古に励んだ。
 ヒロイン「白雪」役を務める愛知県立芸術大3年野沢美月さん(20)=浜松市中区出身=は「出演者の年齢が幅広いので、いろいろな人に楽しんでもらえると思う。『ヒロイン役があなたでよかった』と言ってもらうのが目標」と意気込む。
 公演は午後1時と4時開演の2回。一部ダブルキャストで行う。前売りは2500円(4時開演のみ)、当日券は3千円。
 問い合わせは星の遊演地制作のメール<hoshinoyuuenchi@gmail.com>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト