静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「母音を意識して」劇団四季俳優が話し方教室 静岡

(2018/8/8 07:52)
一音一音を大切にする話し方について説明する劇団四季の俳優=7日午前、静岡市駿河区のふじのくに地球環境史ミュージアム
一音一音を大切にする話し方について説明する劇団四季の俳優=7日午前、静岡市駿河区のふじのくに地球環境史ミュージアム

 劇団四季の俳優による出前講座「美しい日本語の話し方教室」が7日、静岡市駿河区のふじのくに地球環境史ミュージアムで行われ、県内の小学生約70人が日常から丁寧に話す大切さを学んだ。
 静岡市民文化会館でロングラン公演中のミュージカル「オペラ座の怪人」に出演している小川美緒さん、飯泉佳一さん、熊埜御堂ゆかりさんが講師を務めた。せりふや歌詞を聞こえやすくするためのこつとして、言葉に含まれる母音を意識する発声方法を教えた。一音一音をはっきり伝えるために、音がつながらないようにするなど注意のポイントも挙げた。
 参加児童は俳優と一緒にミュージカルソングの歌唱に取り組み、歌詞に込められた思いを伝える練習にも挑んだ。市立西豊田小5年の女子児童は「読み方や書き方の勉強だけでは気付かないことがあって面白かった。授業中や、家族との会話で心掛けたい」と話した。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト