静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡・蒲原に宿場交流館オープン 二峠六宿に眠る文化財公開

(2018/8/7 08:52)
展示品の説明を行う志田館長=静岡市清水区蒲原の宿場交流館
展示品の説明を行う志田館長=静岡市清水区蒲原の宿場交流館

 静岡市清水区の東海道町民生活歴史館(志田威館長)はこのほど、同区蒲原の富士信用金庫旧店舗を改修し、「宿場交流館」を新たにオープンした。文化財の展示などを通じた旧東海道の宿場・街道文化のさらなる発信を目指す。
 第1回の展示では、文化庁の文化遺産総合活用推進事業として2016、17年に志田館長らが調査し、まとめた報告書「静岡市 二峠六宿に眠る文化財・史話等を求めて」で紹介した中から約50点を公開。尾張徳川家と紀州徳川家が興津宿に宿泊した際に使用した関札や、今川氏兼が戦場で使用した茶釜、1854年の黒船来航を描いた「亜米利加上陸書類控」などが並ぶ。12月末まで展示し、一部は入れ替える。
 今後は県外の東海道や中山道など他地域の宿場にも展示場所を提供し、宿場間の交流の場としての役割も果たす。志田館長は「他地域の宿場の歴史や文化財を直接見てもらえる。宿場・街道文化を市民に正しく理解してもらえるよう活用したい」と話した。
 交流館は月曜休館。8月中は入場無料で午前10時半から午後2時45分までの開館。問い合わせは交流館<電054(385)7557>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト